香典の基礎知識講座

どのくらい包む?香典の基礎知識講座
ようこそ
welcome

香典の包み方、金額の相場が分からない方、また香典を渡す時にどうすれば良いのか等、香典に関する知識をご紹介します。

index_v

どのくらい?どのように包めば失礼にならない?

両親や兄弟姉妹が亡くなると香典はそれなりの金額を包まなくてはなりません。親戚においても、状況を見つつ金額を決めていきますが、友人や会社の同僚などに香典をお渡しする際には平均5千円という金額を包んでいるようです。また、香典の表書きは宗教によって異なってきますので、訃報を聞いた際には、宗教・宗派を聞き書いていかなければなりません。

香典とは、包み方、書き方

香典とは、包み方、書き方

香典は戦前まで葬儀の負担を助けるために村全体で食料を提供していましたが、戦後になり食料から金銭に移行しました。香典袋には「御霊前」「お花代」などといった表書きを書きますが、宗教・宗派などによって違う書き方をします。香典袋の中包みには、裏に金額や住所氏名を書きますが、地域によっては、中包みの表に書く場合もあります。しかしどちらも間違いではありません。またお札を入れる向きに関しても、これといった決まりがありませんが、多くは中包みの裏に向けてお札を入れています。

香典の渡し方

香典の渡し方

香典をお渡しする際にもマナーがあります。受付に行く際には「御愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」などといったお悔やみの言葉を小さな声で言わなければなりません。お悔やみの言葉が言えないような場合には、一礼するだけでかまいません。また、香典は袱紗に包み持って行きます。香典をお渡しする時に初めて袱紗から出し、相手の方を向けてお渡しします。もしも通夜・葬儀に参列できない場合でも現金書留の香典とお悔やみの手紙を入れ早めに送りましょう。

香典の金額

香典の金額

通夜・葬儀に参列する場合に気をつけなくてはいけない事は、香典の金額をあまり高額にしないという事です。家族や親族の場合は、状況によって包む金額が変わってきます。しかし、香典は祝い事ではありませんので、少ない金額でも故人に対しての気持ちが入っていれば十分です。反対に法事の場合の香典は、法要後の会食や引き出物の事を考え、少し多めに包まなければなりません。会食場所や状況を考えて香典の金額を決めていきましょう。

知っておくべき香典知識

香典の書き方は宗教ごとに異なる 香典の書き方は宗教ごとに異なる 香典の書き方は宗教ごとに異なる表書きは宗教によって異なってきます。「御霊前」は仏教をはじめとするほとんどの宗教で使われている言葉ですが、浄土真宗では「御仏前」と書かなくてはいけません。また、キリスト教式では「御花料」神式では「玉串料」などと書くことがあります。訃報を受けた時には故人がどの宗教なのかを事前に聞かなければなりません。 続きを見る

故人との関係によって変わる金額 故人との関係によって変わる金額 香典は故人との関係、付き合い方によって大きく変わってきます。もし家族や親族が亡くなったのであれば、葬儀費用を助ける為にも多く包む場合があるようです。しかし友人や知人などが高額の香典を包んでしまうと、「用意していた」と取られてしまう場合もあります。また会社の同僚などにも同じことが言えますので注意しなくてはなりません。 続きを見る